2013年10月21日

JIA建築家と考える暮らしと住まい 2013年10月セミナー報告

ozone1012a.jpgozone1012b.jpgozone1012c.jpg
OZONEセミナー報告2013年第7回「太陽エネルギーとの上手な付き合い方」2013年10月12日(土) 於:新宿OZONE

住宅部会では、リビングデザインセンターOZONEと共催で一般市民を対象とした活動を毎月行っています。今年度の「JIA建築家と考える暮らしと住まい」では、エネルギー という社会的関心の高いテーマを取り上
げ、住宅との関係について毎回切り口を変えてセミナーを行っていきます。

講師:中澤克秀(中澤建築設計事務所)小林真人(小林真人建築アトリエ)聞き手:三浦真紀(フリーライター)で行われました。一年を通してエネルギーをテーマにセミナーを行っていますが、7回目は太陽のエネルギーに注目して具体的な事例をあげて利用価値を探りました。

最初に小林真人からなぜ今、太陽エネルギーなのか、その背景と利用価値を説明し、日本の一般家庭のエネルギー消費割合が高いのは「暖房」と「給湯」であることをグラフで理解してもらいました。そこで太陽エネルギーには光と熱があることを紹介されました。

中澤克秀が熱利用の太陽熱温水システムと太陽光発電システムの2種類の実例を紹介して、その違いやメリットデメリットを説明。実際の光熱費も公開しました。都会の狭い敷地では屋根の方角や面積など、太陽光発電の条件に合わない場合があるが、熱利用など、他にも方法論がある事を話されました。

設備に頼らない太陽エネルギーの活かし方として、ダイレクトゲインの仕組みと効果を実例を通して紹介。消費割合の高い「暖房」のエネルギー消費を減らす効果がある事を図解説明し、最後に燦々と降注ぐ太陽光はメリットばかりではなく、夏の西日など厄介な面もあるので、その対策が必要。季節に合わせて可動する方法が良いのではと話されました。

聞き手の三浦真紀から投げかける質問に、講師二人が答えるやり方で、参加者に興味を持っていただけたと感じます。参加者からの質問は具体的なものが多く、テーマを太陽に絞ったことが、話を判りやすく出来たのではないかと思います。

次回は11月9日(土)すまいに関わる自然エネルギーの実践〜木質バイオマスエネルギー〜です。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/1462.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:中澤克秀(中澤建築設計事務所)
posted by 広報委員 at 15:06| Comment(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

JIA建築家と考える暮らしと住まい 2013年6月セミナー報告

bukai06si1.jpgbukai06si2.jpgbukai06si3.jpg

OZONEセミナー報告2013年第3回 「すまいに関わる自然エネルギーの実践」 
2013年6月8日(土) 於:新宿OZONE

住宅部会では、リビングデザインセンターOZONEと共催で一般市民を対象とした活動を毎月行っています。
今年度の「JIA建築家と考える暮らしと住まい」では、エネルギー という社会的関心の高いテーマを取り上げ、住宅との関係について毎回切り口を変えてセミナーを行っていきます。

 この第3回では、小規模分散型、エネルギーの地産地消という観点から、暮らしを支える自然エネルギー活用のさまざまな実例と提案を紹介し、私たちにもできる自然エネルギー活用の可能性を探ることをテーマとしました。冒頭、コーディネーターの神田雅子(アーキキャラバン建築設計事務所)から、現在の私達の暮らしは、衣食住もエネルギーも、地域にある恵みを活かして生きる小さな循環ではなく、大きな循環に飲み込まれていることが簡単に語られました。

 次に、全国各地の自然エネルギーを取材して雑誌に書いているライターの平山友子さんから、自然エネルギーの概要の説明のあと、地域の自然エネルギーを活かした暮らし方の事例をいくつか紹介してもらいました。本編では、平山さんに聞き手となってもらい、講師の桜井薫さん(レクスタ代表理事)に、手作り太陽電池による発展途上国や被災地支援、また、埼玉県小川町での地域の取組みなど、実践的な取組みをご紹介いただきました。自然エネルギーの活用は目的ではなく、自分達でエネルギーを作ることの先にあるのはどんな暮らしなのかを考えさせる奥深い内容となりました。

写真:砺波周平


次回は7月13日(土)第4回「少ないエネルギーで、快適に暮らせる住まいとは?」です。

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/1462.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:神田雅子(アーキキャラバン建築設計事務所)
posted by 広報委員 at 09:12| Comment(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

JIA建築家と考える暮らしと住まい 2013年4月セミナー報告

jia4.13o1.jpgjia4.13o2.jpgjia4.13o3.jpg
OZONEセミナー報告2013年第1回 「豊かな暮らしとエネルギーの関係」2013年4月13日(土)於:新宿OZONE 
住宅部会では、リビングデザインセンターOZONEと共催で一般市民を対象とした活動を毎月行っています。今年度の「JIA建築家と考える暮らしと住まい」ではエネルギーという社会的関心の高いテーマを取り上げ、住宅との関係について毎回切り口を変えてセミナーを行っていきます。また3名の建築家が登場するトークイベント形式により、様々な意見を述べてもらい、あなたの暮らしと住まいのヒントや方向性を考えていきます。

講師:寺山 実(寺山建築工房)郡山 毅(郡山建築設計事務所)飯沼 竹一(アトリエ24)聞き手:中澤 克秀(中澤建築設計事務所)で開催されました。
まず最初に「 健やかで心地よい暮らしについて」聞き手の中澤が説明をして皆さんに問いかけました。心地よい事とエネルギーの関係から「冬の心地よい暖房について」それぞれの考え方を事例や図説を使って、話し合いました。日本のような四季のある環境で気持ちの良い「温熱環境」をどう作りだすのかといった暖房の方法や考え方に共通点や違いを見つけ出し、これからの展望として「エネルギーの視点を変えた暖房」について話を進めました。ここでは簡単に改正省エネ基準の説明をして低燃費な住宅について考えてみました。最後に「夏の冷房について」遮熱や湿度を下げることが大事だと言う考えに至りました。

当日は10時に地下のカフェに集まり、開始直前まで写真をパワポで手直し。11時でオゾンの説明中もまだ調整していたという、すごいどたばた劇で始まりました。いきなり段取りをはずれ、時間は完全オーバーのペース、途中で撒き戻したりと、ひやひやもののセミナーでした。建築家が4人もそろうと、まとまりません(笑)それでも受講者は24名、JIAメンバーも次の自分達の準備のために聴衆に来て、30名を超える会場は大盛況でした。今回、今までのやり方を一新したシリーズの最初として、かなりプレッシャーもあり、準備に時間を割きましたが、がんばった甲斐があります。とにかく今までにない新しいセミナー形式の挑戦の開始です。今後のオゾンセミナーは目が放せません。

次回は5月11日(土)第2回「住まいの一生にかかるエネルギー」です。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20130413.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:中澤 克秀(中澤建築設計事務所)
posted by 広報委員 at 10:17| Comment(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

建築家と考える住まいづくり2012 3月セミナー報告

P3095464.JPGP3095460.JPG
OZONEセミナー報告 第12回「プラニングで決まるインテリア空間」
?豊かなインテリアには基本設計が大事?   2013年3月9日(土)於:新宿OZONE 

住宅部会では、リビングデザインセンターOZONEと共催で一般市民を対象とした活動を毎月行っています。
2012年度最後の12回目のセミナーは「プラニングで決まるインテリア空間」?豊かなインテリアには基本設計が大事?と題しまして,
講師:落合雄二(建築家 U設計室)・高安重一(建築家 アーキテクチャー・ラボ)

コーディネーター:大川直治(建築家・大川建築都市設計研究所)にて開催しました。


インテリアと言いますと、一般に壁紙やカーペット・床材、カーテン・ブラインドや照明・グリーンと言ったイメージが有るかと思います。ホテルや商業施設のように構造とは切り離して内装を造るインテリア設計と違い、住宅の場合は外部の形や内部の壁そのままがインテリアの空間となる場合が多いかと思います。その為、常にインテリを意識して設計してゆく事が必須となっており、優れた建築家はこの辺りの能力が高い人かと思います。今回は、インテリア中心にお二人の講師と共に事例を多く紹介し、住宅における基本設計とインテリアの関係を考えてゆきました。

 まず、落合さんから3事例を紹介いただきました。敷地の段差を活かし、スキップフロアーで視線をコントロールしたワンルームの家やインテリアと外部空間を繋ぐ工夫の有る家など、決して大きくはない家ですが、インテリア空間を豊かに作っています。
 次に、高安さんから4事例を紹介して頂きました。壁と床を巧みに組み合わせたり、壁を曲げる事によりコーナーや居場所を作ってゆき、個室には無い繋がりを形成した家。狭い内部ながら、立体的に工夫して部屋を確保しながら、スノコなど抜ける床で縦空間を繋いでいったり、部屋の繋がりを特徴的な色を部分的に配す付ことにより、明快にしていった事例など、個性的な事例を紹介いただきました。

いろんな事例を見ながら、こんな事も出来るのかと言ったインテリアに対する考えが広がったのではと思います。熱心な説明で時間が押してしまいましたが、会場よりの質疑も出て、アンケートでも好評でした。(参加者23名)

次回は4月13日(土)に第1回「豊かな暮らしとエネルギーの関係」が開催されます。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20130413-3.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:大川直治(大川建築都市設計研究所)
posted by 広報委員 at 10:26| Comment(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

JIA会長ならびに支部長立候補者・立会演説会の様子

jia10.09a.jpgjia10.09b.jpgjia10.09c.jpgjia10.9d.jpgjia10.9e.jpgjia10.9f.jpg

10月9日建築家会館1階ホールにて、2010年度本部役員選挙「会長ならびに関東甲信越支部長立候補者」立会演説会がありました。

立候補者は会長候補者「相田武文氏・芦原太郎氏」ならびに支部長候補者「上浪寛氏・庫川尚益氏」です。最初に支部長候補者2名による演説と質疑応答がおこなわれました。休憩を挟んで会長候補者2名による演説と質疑応答が続きました。

10月15日に投票用紙と各立候補者のマニフェスト等が皆様のもとへ送付されます。11月9日(月)が投票終了日(締切日)です。会員の皆さまの一票が明日のJIAを創ります。期日に間に合うように投票いたしましょう。

広報委員会:中澤克秀
posted by 広報委員 at 13:50| Comment(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

「支部会員集会」「常任幹事会」

P1000344.jpg

9月5日、建築家会館にて支部会員集会が開催されました。

本部通常総会にて会費規定の改正方針が議決されたことを受けて、「支
部裁量による会費上乗せ」について報告と話し合いのための会員集会で
す。

総務委員会の議事進行のもと、伊平支部長より経緯と関東甲信越支部で
の検討内容、他支部の現時点での動向の報告があり、それを受けての質
疑応答や意見交換がなされました。


2005年度に会費が36,000円になったことにより、本部からの支部
運営費が半減したことにより支部財政が悪化。
そこで2005年は準備基金の貯蓄を切り崩し、2006年以降は
支部独自に緊急拠出金や活動支援金として6000円を徴収すること
で、活動を維持してきました。
会費規定が改定されることにより、2009年度からは活動の実態に
合わせて支部の裁量で追加所要分を「会費」の上乗せとして決定し、現
行36,000円に上乗せされた金額を一括して本部で徴収するもので
す。地域会活動費についても支部との協議を経て、地域会の裁量で徴収
できるものです。


集会に参加した会員からは下記のような声があがりました。

「一度決めた金額が足かせとならないよう柔軟な対応を願いたい」
「アクティブ会員ばかりに時間的にも金銭的にも負担がかかるのは不公
平。徴収金額を上げて公平性を。」
「睡眠会員が悪い訳ではない。段階的でフレキシブルな会員体系を検討
してはいかがか。」
「若い会員にとって半額になったことで入会が促進されたことは確か。
しかし財政問題の議論に終始しているようでは会の魅力が無い。早い段
階で収斂させて本来の活動の議論をしていきたい。」
「魅力のある会なら(上乗せ額を)6000円以上だす。魅力がなけ
れば36,000円でも高い。」
「長野では独自に地域会費を徴収している。これ以上会費があがること
は理解を得難いかと思う。」
などなど...。


これらの意見を受けて集会後に、常任幹事会を開き、具体的な検討をい
たしました。
結果、上乗せ額は6,000円で支部活動を維持活性化可能であると
判断、但し柔軟な運用が可能になるように規約面で本部に働きかけるこ
とで、臨時総会にはかる方針としました。
P1000349.jpg


次は臨時の支部総会を開催し、そこでの審議議決をもって、最終的には
10月の本部臨時総会にはかり承認となります。


臨時支部総会は9月26日(金)15:00〜17:00に建築家会
館にて開催されます。
奮ってご参加ください。


(常任幹事・広報委員長:中村高淑)
posted by 広報委員 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

「建築家のあかりコンペ」 一次審査(東京編)

P1000219.jpg
8月28日は中村高淑が実行委員を務める「建築家のあかりコンペ」
(主催:日本建築家協会+大光電機)の一次審査(東京編)が行われま
した。
東京在住審査員の 建築家:芦原太朗氏 と ライティングデザイナー:内
原智史氏 の審査日です。

芦原さんはいつもニコニコ。一緒にいて楽しくなる建築家です。
審査の早さには定評(!?)があり、今回も驚くべき早さで審査終了。
コメントを頂くと理路整然と芦原さん独自の観点から推挙する作品を選
ばれていました。さすが!

内原さんは中村と同じ多摩美術大学の出身、テニス部の先輩でもありま
す。
じっくりと時間を掛けて一作一作を読み取って行きます。
やはり内原さんも自らの哲学にそって作品を選んでいきます。鋭くもあ
り、また目から鱗的な視点でもあります。

一次審査は引き続き関西在住の審査員による大阪編に続きます。

「建築家のあかりコンペ」
http://www2.lighting-daiko.co.jp/jia/index.html

広報委員長:中村高淑
(ちなみに芦原さんが手にしているチラシのモデル....、中村で
す。)
posted by 広報委員 at 22:49| Comment(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

第17回JIA東京都学生卒業設計コンクール 続き

前回ご紹介できなかった特別賞を掲載いたします。

特別賞は審査員一人一つと言う事で、全部で5作品あります。

続きを読む
posted by 広報委員 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

第17回JIA東京都学生卒業設計コンクール

2008年5月31日(土)
工学院大学新宿キャンパス1Fアトリウムにて、第17回JIA東京都学生卒業設計コンクールの公開審査が行われました。
審査から懇親会まで、とても中身が濃かった1日になりました。

第17回の審査員はこちらの方々です。
審査委員長:竹山 聖
審査副委員長:伊平 則夫
審査委員:金箱 温春
審査委員:小玉 祐一郎
審査委員:東 利恵


続きを読む
posted by 広報委員 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

「第3回JIAウォーキテクトCAFE の会」参加報告

jia5.18.08a.jpgjia5.18.08b.jpgjia5.18.08c.jpg

5月17日(土)横須賀美術館にて「第3回JIAウォーキテクトCAFEの会」が開催されました。横須賀美術館の設計者、山本理顕氏を講師に迎え、自ら解説して美術館を案内していただきました。また今回の企画は、「QBS方式」で始めて採用された事例であり、設計者選定にあたってどのような動きがあったのか、行政側として深く関った高田氏を交え、美術館構想からQBS方式を選定した経緯、利点や問題点などを解説してもらいました。

※QBSとは資質評価方式と呼ばれ、技術提案をせずに建築家の実績で設計者を評価し、「入札方式」とは異なる新たな設計者選定方法として注目を集めています。


続きを読む
posted by 広報委員 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

緊急シンポジウム「改正建築基準法はいりません!!」に参加してきました

昨日は慰労会で盛り上がりました!山本さん,神田さん,久保さんありがとうございました。私は遅刻し全員とお話しできなかったのでシンポジウムの報告をしたいと思います。

緊急シンポジウム「改正建築基準法はいりません!!」に参加してきました。基調講演で、神田順氏;基準法から基本法へ転換すべき。古川保氏;日本伝統の木造技術と森林の保護という観点から基準法の視野の狭さを指摘。佐藤淳氏;設計の自由度と技術者の力を発揮させるような法体系が理想;法律や技術基準は考え方の方針を明示する役割ならいい。

細かなイレギュラーの集積ともいえる設計行為を「基準」という枠にはめようとするから無理があるとの意見だったとおもいます。その後のパネラー討議の論点としては,以下のテーマに沿って話が進みました。

続きを読む
posted by 広報委員 at 11:02| Comment(1) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

「改正建築基準法はいりません!」

jia3.20.08g2.jpgjia3.20.08g.jpg

建築ジャーナル主催、JIA後援のセミナーです。
「改正建築基準法はいりません!」と題して緊急シンポジウムを行ないます。

「今、日本の住宅の現場から悲鳴が上がっています。
姉歯事件を始めとする一連の構造偽造問題に対処しようと、国土交通省は国民の安心安全をうたい文句に、6月20日、建築基準法改定を施行しました。改定の大きな柱は、建築確認における審査の厳格化と構造計算適合性判定の新設ですが、法の厳格化による書類主義は、安心・安全を担保しないだけでなく、技術者の創意工夫や伝統的建築の継承を認めない悪循環をもたらしました。この問題を解決するためには、社会問題に発展させて、世論に強く訴えていくことが必要です。シンポジウムには、姉歯事件の暗部を国会の場で明らかにした馬淵澄夫国会議員もパネリストとして登壇します。改正建築基準法を見直すために、一人でも多くの方の参加が必要です。周りの方にもお声をかけていただき、奮ってご参加いただきますよう、よろしくお願いします。」(案内文一部抜粋)

詳細と申込みは以下をご覧下さい。
http://www.kj-web.or.jp/symposium/index.html

「建築家の報酬と倫理」講演会のときに、建築ジャーナルの担当者とお会いしました。本来JIAが中心になって声をあげてもらいたいと話されています。皆さんご参加ください。



続きを読む
posted by 広報委員 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

第17回保存問題新潟大会 レポート2

第17回保存問題新潟大会

「城下町しばたのいまと未来」まちの資産をどういかすか?

 「守る」「活かす」「創る」景観まちづくり


2月17日(日)

8:30〜10:00 ホテル泉慶出発・自由時間

自由時間の間に蕗谷虹児記念館を訪ねました。

蕗谷虹児−新発田市に生まれた画家・詩人。
詩画集「花嫁人形」や小説の挿絵、表紙絵や口絵を描き人気作家となる。

建物は内井昭蔵氏の設計。
fukiya.JPG

10:00〜16:00 シンポジウム1「しばたのいま」
       シンポジウム2「しばたの未来」
総合司会 斎藤洋一郎(NHK文化センター新潟支社長)


続きを読む
posted by 広報委員 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

第17回保存問題新潟大会 レポート1

第17回保存問題新潟大会

「城下町しばたのいまと未来」まちの資産をどういかすか?

 「守る」「活かす」「創る」景観まちづくり



2008年2月16日(土)・17日(日)新潟にて、開催されました。

続きを読む
posted by 広報委員 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

2008年「新春の集い」

1月18日に関東甲信越支部「新春の集い」が開催されました。

第一部は新春放談「歴代会長が語る−これからのJIAは」。

IMG_8735.jpg IMG_8737.jpg

芦原太郎氏の軽快な進行により、穂積信夫氏、村尾成文氏、大宇根弘司氏、小倉善明氏がこれからのJIAについての持論を語り合いました。
会場の会員とも意見を交換する場もあり、自身の経験に基づいた貴重なお話を伺う事ができました。
中でも「明るい話題の少なかった建築業界ですが、UIA東京大会も控え、これからは所属会派の内向けの議論に留めずに、ALL JAPANとして一般社会に広く情報発信し、市民の共感を得て行かなければならない」という意見が印象に残ります。
これからの時代、増々広報の重要性が高まることでしょう!

第二部は懇親会です。

IMG_8739.jpg IMG_8742.jpg

伊平則夫支部長の挨拶の後、来賓の方から祝辞、仙田満会長の挨拶と続き、懇親会がはじまります。

IMG_8747.jpg

会員・賛助会員、さらに多くの来賓を迎え、合わせて120名近くが集まりました。
会員相互間の親睦を深めるとともに、様々な意見交換が行われる場でもあります。
ここ数年で参加人数が増えつつありありましたが、今年はもう大盛況!!
個人的には憧れの建築家、槙文彦氏とご対面できて大感激しました。

まだ、参加したことの無い方は来年度は是非ご参加ください!

広報委員長:中村高淑
posted by 広報委員 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | JIA活動案内・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする