2009年05月28日

COP15サイクリングツアー;デンマーク大使と走る!

5月23日土曜日はデンマーク大使館主催の「大使と走ろう!エコサイクリング」に参加した
参加者は各自COP15のロゴ入りTシャツを着て東京の各区役所からスタートし、絵画館前に集合する
どのくらいの参加があるのか不明だが大学時代の友人も江戸川区役所や世田谷区役所からスタートする
東京を皮切りに全国をリレーして回り、COP3の京都イベントでしめてCOP15のデンマークコペンハーゲンへ向かうという趣向

私は中野区役所からスタート
受付時間にかなり遅れて到着するとほとんどの方が出発してしまっていて受付の方以外誰もいない
すると「大使の到着です」という声が?
事前の予定では渋谷区役所から走られると書いてあったような気がするが...
大勢の随員(SP?)と一緒に大使夫妻が自転車に乗っている

中野区長からの委嘱状と花束の贈呈が終わるとすぐにスタートした
一般人が非常に少なかったせいか大使は突然私に握手された
挨拶されたがなまりがひどくてほとんど聞き取れない!!(英語はそんなに苦手ではないのだけれど...)
こんなひどいのはアメリカで泊めて頂いたいただいたお宅のおばあちゃんの話がほとんど聞き取れなかったとき以来だ
なんとか名前と息子の紹介をし、一緒に走り出した
環境についても話しがしたかったので、途中で何度か会話を試みたがやっぱりだめ...
英語は難しい...この調子だとデンマーク語も難しいのかな
それでも自転車がシャフトドライブでギアも外から一切見えないものということや、お子さんがいることなど交流できて一安心
デンマーク大使と記念写真.jpg青梅街道を走る大使.jpg
子供用アタッチメント.jpg








これに備えて練習を積んだのか大使は結構早い
土曜日であったためか交通量が多かったことと、青梅街道が駐車車両が多く追い抜きでひやひやした場面があった
途中で新宿区役所に寄り休憩、英国大使館、千代田区役所まで一緒に走った
待ち合わせをしていた仲間をあまり待たせてはいけないのでここで分かれて絵画館へ向かった

ところで2011年の世界建築家会議(UIA)でのテーマは「Design2050」
これに対し世界の建築家はどのような議論をするのだろうか
マスコミも未だに「どこそこで何億バレルの油田発見!石油枯渇はまだ心配ない」などとのんきな報道をしている
産業革命以降の人類の「成長」という栄光に徹底的な再評価が必要ではないか?
COP15での議論を注視したい

広報委員 近藤弘文
posted by 広報委員 at 11:50| Comment(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

バイシクルライド2009in Tokyo

CIMG4159.JPGCIMG4177.JPG
4月19日は友人たちと都内を自転車で駆け巡る健康的な一日だった
これは「メイクアウイッシュオブジャパン」のチャリティイベント。
参加費の一部を活動に使って頂くのが趣旨。
今年は永田町から大手町、永代通り経由で佃まで行き、晴海に渡っ
て浜離宮に戻り芝を通って皇居前を往復、桜田門警視庁前から永田
町に戻るコースだった。

スタート会場に受付時間ギリギリで到着。
仲間は皆到着して受付を済ませていた。
準備を済ませ8時ちょうどのカウントダウンで20名づつのグループで登録順にスタートする。
我々の仲間は4家族7名で2番グループに入ってスタートした。

日曜朝早くの都内は車も少なく、危険性も心配していたほどではない。
車で走る都内とは見え方がまるで違う。
あまりよそ見はできないが、車では気がつかないような景色、車で入り込めない緑道など同じ東京でも新しい発見が多かった
今日は一日天気がよくて、雨男が一人いたが完全封印!休憩所での飲料等のサービス、各チェックポイントでの案内のボランティアの方々などが、笑顔で声援してくれて友人たちと本当に気持ちよく走ることが出来た。


来年も参加したいイベントだった。
お誘い頂いた埼玉地域会のT氏に感謝!
ボランティアの皆さんも一日ありがとうございました!

広報委員 近藤弘文

posted by 広報委員 at 18:09| Comment(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

恵比寿経由銀座散歩

みんな見上げています LED完成

今日は息子と同級生の二人を車に乗せて恵比寿の小学校に行った
科学教室の付き添いで行ったのだが、作ったのは音の強さでLEDが点滅するというものだ
参加者は4年生から中学生まで30人ほど
小さな部品を基盤に組み立てるのは、中学生の頃アマチュア無線で無線機を作っていた頃を思い出す
私も即席ボランティアでお手伝いすることにする
写真の回路図と手順書通りに組み立てたつもりが、LEDの極性が逆だったりICを逆さにつけたりとなかなかうまく行かない
しかし、子供たちは自分で工夫しながら皆なんとか完成することが出来た
完成させたときのこどもたちの笑顔がいい
外に出ると子供たちは騒音計代わりのようにして楽しんでいる
子供は遊びの天才だ

その後、恵比寿ガーデンプレースで昼食をとり銀座へ行った
お目当てはデビアス!
ありました、見ました、みんな見上げて写真を撮っています
子供は街歩きというと面白くないようで、友達と遊ぶのですぐに帰ろうと言い出す
7丁目で開かれているガラス作家の展示会も見に行きたかったのだが仕方なく、近くのアップルストアでMacBookAirを手に取ってみたり

せめてお茶をして帰りたかった!
広報委員;近藤弘文

posted by 広報委員 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

グルメなカンボジア

カンボジアはワイン好きの私には快適なところです。
地方でもガソリンスタンドでボルドーワインが手に入ります。
ワインの飲みすぎが心配になります。
ここで紹介する「マンゴー・アンド・スティッキーライス」、「小エビの青生胡椒炒め」
は私のおすすめです。
最後にトロピカルなムードなしゃれたココナッツの写真を紹介します。
「マンゴー・アンド・スティッキーライス」はマンゴーともち米のデザートです。もち米には
ゴマと砂糖がかかっていてマンゴーとの相性が良いですね。ハート型にも注目!
小エビの青生胡椒炒めは生胡椒の歯ごたえがなんとも言えません。
小エビよりもイカの方が数段美味いのですが、小エビは写真写りが良いですね。
もちろん胡椒は少々辛いですが香りがなんとも言えません。

広報委員:古池廣行
ca-mango.jpg ca-pepper.jpg ca-coconut.jpg

posted by 広報委員 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと役立つ!JIA館近くのお店情報

3月に発行されるBulletin アニュアル号の裏表紙で「ちょっと役立つ!JIA館・界隈のお店情報」という企画を準備中です。
今回掲載はしませんが、同じくJIA館近くのインテリアショップや家具関連のショールームについても情報収集しましたので、ここで皆さんに少し御紹介いたします。JIA館にお越しの際に、御興味があれば覗いてみて下さい。
アニュアル号でJIA館界隈の飲食店やギャラリーを紹介します。お楽しみに。

オー・ローズ・ファニチャ−
オーロ−ズ.jpg

木曽アルテック社 青山ショールーム 漆見本店
木曽アルテ.JPG

カール・ハンセン & サン ジャパン
カールハン.JPG

AIDEC 東京ショールーム
AI.JPG
続きを読む
posted by 広報委員 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

昭和レトロで活性化する青梅

1.jpg 3.jpg 2.jpg

青梅市は都心から西に50Km。
豊かな自然に包まれた歴史のある宿場町、
戦後は西多摩地区最大の繁華街であったのが、
空洞化し寂れる一方の街でした。
話題といえば2月に開催される青梅マラソンぐらい。
ところが「昭和レトロ」で元気を取り戻しつつあります。
商店街のひとつ住江商店街振興組合を中心に8商店街が、
フィールドミュージアム「おうめまるごと博物館」事業をスタート、
イベント「青梅宿アートフェスティバル」を15年間開催しています。
活性化とイベントの両方による取り組みにより振興組合は、
平成17年度の地域づくり総務大臣表彰も受けています。

奥多摩湖へのサイクリングの途中しばし見学しました。

広報委員 近藤 剛啓

posted by 広報委員 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

大阪道頓堀 「とんぼりリバーウォーク」

jiaIMG_0737.jpg大阪道頓堀の「とんぼりリバーウォーク」
道頓堀川両岸に遊歩道が整備された。
川に面してドンキホーテの大観覧車が作られる。
店の出入り口も遊歩道に面して出入りできるようになっている。
グリコの看板に次ぐ名物になるか。
心斎橋筋にかかる戎橋も現在架け替え中である。

近藤


posted by 広報委員 at 17:08| Comment(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

コウモリとビール/食文化

20日の日経夕刊文化に建築家の隈研吾氏がブルキナファッソの大酋長の家でコウモリと(地)ビールが出てきた話をされていた。 決死の覚悟で食べ、そして飲んだそうだ。
私もコートジボアールで大ネズミ(アグチ)のシチュウを、ペルーではテンジクネズミを食べたが、前知識があったのでびっくりはしなかった。 ただ、テンジクネズミ(クイ)は小さいのでそのままの形が出てきたので、ちょっとたじろいだ。 頭をボデーガードにあげたら大喜びで食べた。
トンガでは木にぶら下がっているフルーツコウモリを見てきたが、あまりにも美味くて皆が食ってしまい絶滅の危機にあるので、現在は食べるのを禁止しているそうだ。
氏は建築設計をうまく進めるためには相手方と食事をすることが重要だと言っていた。
こんな記事を気楽に掲載するアイディアはいかがでしょうか?
Hy.Ko.
posted by 広報委員 at 12:09| Comment(0) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

国立新美術館開館記念アムステルダム国立美術館所蔵フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展

会期
2007年9月26日(水)〜12月17日(月)
毎週火曜日休館
会場
国立新美術館 企画展示室1E (東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
posted by 広報委員 at 01:34| Comment(1) | 建築家の休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする