2008年10月05日

カンボジアの地方都市の入口にあるシンボル像

battambang051208.jpgSisophon-monkey041210.jpgMongkulBorei051209.jpg

カンボジアの地方都市の入り口にはシンボル像があり、車で移動する時は大変便利な目印となる。その事例を写真で紹介しよう。 プノンペンから北西側300kmの第2の都市バッタンバンの入り口にある実在したという王様の座像。 シェムアップの北西100kmにある小さな町シソポンの入り口にあるハヌマーン像(モンキィ)。 シソポンからバッタンバン側に少し行ったところにあるモンコルボレイ村の入口分岐にある頭像。

関東甲信越支部 広報委員 古池廣行
posted by 広報委員 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

白熱電球 生産中止

大光電気さんより話題を提供いただきました。

経済産業省は電機メーカーなどに、エネルギー効率の悪い白熱電球の生産・販売を2012年までに自主的にやめるよう要請。(4月5日付け新聞)「現在、2012年末をメドに、電球型蛍光灯で代替のある一般電球、ボール球は無くなる方向です。但し、ミニクリプトン電球、ハロゲン球は、12年までに代替球が出来ない限り残ります。」とのこと。(大光電気さん)

消費電力に着目した規制でしょうが、頻繁に点滅させた場合の劣化は考慮されているでしょうか?装飾用や調光用は例外であると新聞記事にありますが、洗面所やスタンドやベットサイドのランプはどうなるのでしょうか?中国製品が出回ることになるのでしょうか?

蛍光管でも、光色は調整できるし、発光も早いものや小さな電球もいずれ出てくるでしょう。LEDに変わる部分もあるでしょうね。


続きを読む
posted by 広報委員 at 13:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築家の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

パームウッドの家具

080321Palmwood02.jpg 080321Palmwood01.jpg 080321Palmwood00.JPG

[PACIFIC GREEN/Save Forests use Palmwood]
パームウッドを使い森を守ろう

PACIFIC GREENは世界中でパームウッドの家具を製作展開するグループで、フィジーにも製作工場があります。
写真は宿泊したTanoa Plaza Hotelのロビーにあるものですが、なかなか座り心地が良いです。パームウッドは圧縮処理して使用しますので、耐久性が良くパームオイルがしみでて肌触りが良いです。こちらのオリジナルは日本の住宅には大きすぎますが、注文にも応じるとの事です。一生使える良品です。
Tanoa Plaza Hotel, SUVA,Fijiにて
関東甲信越支部 広報委員 古池廣行

http://cyber21.no-ip.info/~loghome/Worldjp/trip/trip2003/030118/030124/pacific%20green.htm

Queens Highway Malaqereqere, Sigatoka, Fiji
http://www.pacificgreeninternational.com/
http://www.pacificgreen.com/
posted by 広報委員 at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 建築家の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

建築の記憶展

CA330041-0001.JPG 

東京都庭園美術館にて開催中(3月31日まで)
島津斉彬が日本で最初に撮影した鹿児島城、熊本城、伊東忠太の北京紫禁城の詳細なスケッチ、
丹下健三の代々木体育館など 写真、スケッチ、模型などの展示を見て、また庭園美術館の建物と庭を楽しむことができます。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/architect/index.html
広報委員 近藤剛啓
posted by 広報委員 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

まだまだ寒い時期です。

自然も人も、凍える様に過ごしています …
… と、思っていたところ …

ike001.jpg

玄関脇のジューンベリーの小木に、 “芽” が。

こんな寒いさなか、もう春への準備をしていたんです。

ほかにも目をやると …

ike002.jpg

こちらは、昨年に場所移動で植え替えの際、根を傷めたのでしょうか?弱ってきていたヒメシャラです。

芽吹く以前に、枯れてしまったのかが心配でしたが、なんと、こちらも芽を出しました。
なんとも言えないうれしさです。


人間は、寒さと重ね合わせて、景気や自身の身の縮こまりに暗雲としがちです。
でも、一見冬模様の自然は、寒い時期だからこそ、静かに慎ましやかに、でも逞しく春の支度をしているんですね。

いい方に、この “芽吹き” を重ね合わせたいですね。


朝の来ない、夜はない。

春の来ない、冬はない。



広報委員 池元真克

posted by 広報委員 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築家の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

東京モード学園の工事状況

東京モード学園工事写真窓から東京モード学園の工事状況が見える
posted by 広報委員 at 15:45| Comment(0) | 建築家の目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする